事業を始める際に、表題の質問をよく受けます。

個人事業主と比べて、法人で開業する場合は設立と維持費用が発生することになり、また税務申告も複雑になります。

正解はありませんが、事業規模が年商800万円から1,000万円位になるまでは、維持管理費を低く抑える意味で個人で開業する方が有利と答えています。

維持管理費が増えてもあえて法人の設立を選択する方もいます。その多くは法人にすることで信用力が高くなるからです。

特に、大企業と取引をする場合は、法人でないと取引してもらえないとよく聞きます。